雰囲気作りが大事

普段とは違ったまじめな表情や態度というものがものすごい相手に印象よく映ります

大事なのは言葉ではなく態度

告白の仕方についてちょっと考えてみましょう。

告白が大の得意で100発100中だ!って言う人はいないと思います。どちらかといえば緊張してしまって考えていた言葉がまったく出なかったり頭で考えていたことよりも全然違ったものになってしまうということもあると思うのです。

どんなに年齢を重ねても告白というのはものすごく緊張するものでしょうし、そもそもなんて告白していいのかがわからないという人もいらっしゃると思いますのでここで告白の仕方を紹介していきたいと思います。

まず初めに告白の台詞ですよね。これは変にキザな台詞だったり、俺と一緒にいれば幸せにしてやるから!というような上から目線で行くよりも大切なのは相手に対して真剣な態度で接することが大切です。

言葉というのはあまり耳に残りません。相手に真剣な気持ちが伝わるのかどうかというのが大事なのです。告白というのはいかにも心に残るような台詞を言いたくなってしまいがちですが、好きという言葉と付き合ってください。この二つの台詞を相手に届けることができればほかの台詞はあまり耳に残らないでしょう。

それよりも相手の目を見て付き合ってくださいとちゃんと伝えたほうがうまくいくと思いますので言葉に断らず相手にちゃんと想いを伝えましょう。駄目だったらどんなにいいセリフを言ってもうまくいかないものです。

せっかく相手が好印象を抱いているのにもかかわらず適当なノリで付き合おっかと言われたほうが引かれてしまうことが多いです。大事なのは台詞ではなく態度で示すことです。

真剣な態度で伝えると同じぐらい大事なのが場所です。居酒屋で酒を飲みながら付き合おうかといわれてもそこまで信憑性がないですよね。相手に断りづらい雰囲気作りというのが大切なのです。

ここで告白の場所ですが基本的に告白って男性からすることが多いと思いますのでポイントを紹介します。女性はなぜきらきらした場所が好きかご存知ですか?これはあくまで要素の一つですが男性よりも女性のほうが色の識別レベルが高くて男性よりもよりきれいに映るといわれているからこそ好きなのです。

そして光りつに包まれている場所にいる特別な空間というものも好きなのです。夜景や高台といった場所で告白することをお勧めします。

ですから告白の場所としてはキラキラしたイルミネーションが綺麗なところでするようにしましょう。

場所と態度この二つをしっかりと練りに練って告白の当日を迎えるようにしましょう。